Sunday, 27 May 2018

「モノノケハカランダ」英訳歌詞、アップしました

外国のファンの皆様、
長らくお待たせいたしました。

2nd Album 「FAB FOX」の一曲目、「モノノケハカランダ」の英訳歌詞をPagesにアップ致しました。

将来的に改訂する可能性はありますが、まずは2018年版ということで、英訳歌詞の公開に踏み切りました。

毎回英訳するたびに思うことですが、志村君の作る歌詞は素晴らしい。でも、訳すのは苦労します!

今回の英訳で神経を使ったのは、モノノケをどう訳すかということです。

「モノノケ」は、「物の怪」の志村君流カタカナ表記かと推察し、「物の怪 - 日本の古典や民間信仰において、人間に憑いて苦しめたり、病気にさせたり、死に至らせたりするといわれる怨霊、死霊、生霊など霊のこと。妖怪、変化(へんげ)などを指すこともある。」という意味に一番近いのはどれかなというところをまず考えました。ハカランダの木からできているギターが唸っているところなどから、日本古来からある付喪神(つくもがみ)という信仰(長い年月を経た道具などに神や精霊、霊魂などが宿ったものである。人をたぶらかすとされた。)に似ている感覚かと思い、creepy, ghostly, ghastly, haunted, monstrousなど数ある単語の中から、spookyを選びました。

「獣の俺」も、「自分の中にいる野獣」という意味でとらえました。

聴き手によって歌詞の意味が変わるように、志村君が精巧に作り上げた歌詞ですから、英訳する際にも限定的な言葉を使わないように注意しました。

外国のファンの皆様が、フジファブリックの歌詞世界をより深くお楽しみくださいますように。これから歌詞の英訳を、どんどん進めていきますよ!



Sunday, 6 May 2018

路地裏の僕たちラジオ番組「ずらずらいわせて」シーズン3、スタート!

2016年5月1日から好評放送中の都留信用組合presents「路地裏の僕たちでずらずらいわせて」。
いよいよ5月6日から、シーズン3がスタートすることになったようです!じゃんけんでやった「雅人隊長のずらずらいわせて」本当にやるのかな?


「ずらずらいわせて」は、路地裏の僕たちメンバーが集まり、その時々で二本録り、三本録りをするのが常となっておりますが、この度、ちょっとした手違いによってアクシデント発生!シーズン2、最後の放送となる4月29日放送予定だった分を、その前の週、4月22日に放送してしまいました。ファンの皆様にお詫びのしるしにと、4月29日には、22日と29日放送予定となっていた2本を1時間編成で、急遽、放送させて頂きました。

お知らせが遅れてしまい、申し訳ございません。

22日には番組をききながら、「???」と思ったリスナーさんもいらしたかと思います。このような事情で、一部放送時間が変更されましたこと、また番組の内容が一部不自然だったこと等、路地裏の僕たち一同よりお詫び申し上げます。

マシト隊長はじめ、番組を彩って下さるカズくん、ブルボンヌさん、だいぞーさん、ナオスさん、ツーさん、他、同級生有志のみなさま。いつも楽しい番組を、ありがとうございます。志村正彦さんの作る新曲も、出演するライブも今となっては観ることができなくなってしまいましたが、こうして現在も志村さんを感じられる場所はファンにとって、貴重な存在です。

これも志村さんを思う地元、富士吉田の同級生たちが、2年間も活動を続けてきてくれたおかげだと思います。なかなかボランティアで、できることではないと思います。志村君、愛されてますねぇ。

来年、フジファブリックは結成15周年を迎えます。

最後に「てぶくろをかいに」「ごんぎつね」を書いた新美南吉さんが残した言葉を、引用したいと思います。


余の作品は、余の天性、性質と大きな理想を含んでいる。だから、これから多くの歴史が展開されて行って、今から何百何千年後でも、若し余の作品が、認められるなら、余は、其処に再び生きる事が出来る。此の点に於て、余は実に幸福と云える。(昭4・3・2 日記)

来年は志村君がむこうの世界へと旅立ってから、10年という節目の年でもあります。 フジファブリックの音楽のすばらしさ、志村正彦さんの魅力と人となり、路地裏の僕たちが伝え続けていってくれることでしょう。そして志村君は自分の書いた音楽の中で生き続け、今までもこれからも多くの人を魅了していくことでしょう。

今日の一曲は、「笑ってサヨナラ」です。
「Bye Bye」と同じく別れの曲。胸にしみますね。


Friday, 20 April 2018

「まばたき」英訳歌詞、アップしました



3rd album 「Teenager」11曲目に収録されている「まばたき」の英訳歌詞を、画面右側にある「歌詞」にアップしました。Teenager

2008年5月31日、富士吉田市富士五湖文化センターで行われた凱旋ライブでも演奏された「まばたき」。冬と春の狭間、早春を思わせる歌詞と、淡々と流れる音楽が印象的な曲で、目をつぶると情景が浮かぶようです。

ファンの方からのメールで、「まばたき」が大好きな外国のファンがいると教えて頂きました。皆様ご存知の通り、「日本語を母国語としない外国人の方たちにも、志村君の書く歌詞とフジファブリックの音楽を、もっと深く味わってもらいたい。」という思いから、このブログを始めました。ですから、このようなメールを頂けることは、わたしにとっては何よりも嬉しいことです。



志村君は、各読み手が自分の感じ取るままに歌詞を理解してもらえるようにと、断定的な言葉をできるだけ避けるという手法を使いました。また語彙が豊富だった志村君は、普通の人ならば2,3つのありきたりの言葉しか浮かばないような場面でも、志村君はきっと10も20もの言葉を思いつき、その言葉をあてはめ何度も何度も考え、厳選し、あの歌詞を作り上げたのではないかと思うのです。

志村君が考えつくして書いた歌詞に出てくる言葉の数々を、できるだけ主観を入れずに訳すということが、一番大切なことではないかと思い、志村君の意志を汚してはいけないなと、常々感じています。

今日、満を持して「まばたき」をアップするに至りました。教えて下さったファンの方、本当にどうもありがとうございました。

Friday, 12 January 2018

「Bye Bye」in 「Soft Landing」by 矢野顕子




2016年にソロデビュー40周年を迎えた矢野顕子さんが、2017年11月29日に7年ぶり、5作目となるピアノ弾き語りアルバム「Soft Landing」をリリースしました。(特設サイトはこちらです。矢野顕子 NEW ALBUM 『Soft Landing』)ピアノ弾き語りシリーズのひとつで、これまでも共に弾き語りアルバムを作り出してきたレコーディング・エンジニア、吉野金次さんを監修に迎え、制作されました。

収録されている13曲中、5曲がカバー曲ですが、そのうちの一曲としてフジファブリック「Bye Bye」が歌われています。またアルバム挿入歌として重要なポジションにあるアルバ第一曲目として、「Bye Bye」が選曲されております。

もともとは志村君がPUFFYに提供した曲ですが(『Bring It!』2009年6月17日リリース 3曲目収録 PUFFY オフィシャルサイト ディスコグラフィ)、フジファブリックの5作目のアルバム「MUSIC」にもフジファブリック・バージョンとして収録されています。(フジファブリック MUSIC 特設サイト

この度、矢野顕子さんご自身も大好きだという理由で収録されました。(BARKS JAPAN MUSIC NETWORK 2017年10月27日付記事


歌詞を大切に
「Soft Landing」の特製ブックレットによると、矢野さんがどなたかからフジファブリックのレコードを頂いて、きいたことがきっかけだったそうです。

2017年11月24日にNHK BSプレミアムで放送された「The Covers」でも披露するなど(The Covers「矢野顕子」)、お気に入りの曲であることが伝わってきます。矢野さんは「歌詞が少しでも自分の中に入ってこないところがあると歌えないけれど、これは全部がすっと入ってきた。」という主旨のことを番組でも言っていました。

1999年9月24日付の「ほぼ日刊イトイ新聞『月光庵閑話』」で、糸井重里さんと鈴木慶一さんが矢野顕子さんについて対談しています。それ以前に、奥田民生さんと矢野さんの対談があり、「いちばん苦しむのは詞だ」と民生さんが言っていた話が載っています。志村君が尊敬する民生さんも志村君と同様、歌詞にとても力をいれているミュージシャンなのです。

今回も糸井さんは「Soft Landing」で矢野さんに歌詞提供をしています。
対談で鈴木さんと糸井さんは、

(矢野さんは)『このはいい曲だから歌いたい。』というところから始まっているわけだ。だからあっこちゃんに自分の曲を歌ってもらえるってことは・・・。(鈴木慶一さん談)
いい曲ってことだ!(糸井重里さん談)
ほぼ日刊イトイ新聞 「月光庵閑話」1999年9月24日付

「The Covers」での演奏をみて、矢野さんが「Bye Bye」の歌詞をとても大切に思っているのだなと思いました。

まだまだ記事は続きますが、最後にお知らせです。

エフエムふじごこ「路地裏の僕たちでずらずらいわせて」
1月14日(日)14時よりエフエムふじごこで放送予定の「路地裏の僕たちでずらずらいわせて」でも、この記事に関連する話題を路地裏のメンバーが盛りだくさんにお話しています。ファンの皆様、ぜひお聞き逃しのないよう!

今日の一曲は、もちろんこの曲「Bye Bye」です。PUFFYの「Bye Bye」も、格別ですね。


Monday, 1 January 2018

2018年 元旦によせて

(路地裏の僕たちメンバー カズ君 2018年元旦撮影)

フジファブリックファンの皆様
志村正彦さんファンの皆様

あけましておめでとうございます

昨年中は私の拙いブログに来て頂き、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


エフエムふじごこの新春特別番組、都留信用組合プレゼンツ「路地裏の僕たちでずらずらいわせて」を聞きながら、この記事を書いています。路地裏のみんなの声が、明るくて新春らしくていいですね!

1月1日から3日放送予定の新春特番のスケジュールを、皆様今一度ご確認ください。

【放送スケジュール】
1月1日(月)
午後2時~午後3時
『都留信用組合プレゼンツ 路地裏の僕たちでずらずら言わせて1時間拡大版!新春特別番組!』
午後3時~午後7時
『都留信用組合プレゼンツ 路地裏の僕たちでずらずら言わせてSeason2 再放送(第1回~第8回)』

1月2日(火)
午後2時~午後3時
『都留信用組合プレゼンツ 路地裏の僕たちでずらずら言わせて1時間拡大版!新春特別番組!』
午後3時~午後7時
『都留信用組合プレゼンツ 路地裏の僕たちでずらずら言わせてSeason2 再放送(第9回~第16回)』

1月3日(水)
午後1時~午後2時
『都留信用組合プレゼンツ 路地裏の僕たちでずらずら言わせて1時間拡大版!新春特別番組!』
午後3時~午後7時
『都留信用組合プレゼンツ 路地裏の僕たちでずらずら言わせてSeason2 再放送(第17回~第24回)』

※1月3日(水)のみ、新春特別番組の放送時間が異なります。ご注意ください。

ずいぶん長い間、路地裏のみんなは頑張ってきてくれたのだなと思います。
路地裏の僕たち発信のラジオを聞くと、富士吉田にいる志村君を感じます。

路地裏のみなさん
いつも本当にご苦労さまです。そしてありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。

今日の一曲は、「花屋の娘」です。