Tuesday, 11 September 2018

ここ最近の「若者のすべて」 Vol.2

2018年8月30日付記事の続きです。
(「富士吉田の花火」2018年夏 路地裏の僕たち カズ君撮影)

2007年秋、志村君は「若者のすべて」を世に出すために、様々な活動をしていました。

早め早めに 
11月に出る新曲、"若者のすべて"のPVのミックスのチェック。想像以上にかなり良い。手直しはほとんど無い。早くみんなに見せたい。聴かせたい。
(2007.10.7.)

プロ
とにかく取材日。慌ただしい。しかし、そんなの苦ではない。だってこの素晴らしい、自画自賛の楽曲"若者のすべて"を沢山の人に聞いてもらいたいもの。(2007.10.22.)


名古屋へ 
東京で諸々の取材をしつつ、夕方から名古屋へ。キャンペーンです。
"若者のすべて"のキャンペーンです。詳しくは、オンエア。誌面を見よ。見てくれ。
もうね、プロモーションとかその・・・宣伝?的なニュアンスでやってないよ。ちゃんと聴いて欲しいから、ライブをする時や、曲作りしてるときくらいの姿勢で、取材等も臨んでる。まあ、自分達なりにですけど。
(2007.10.29.)

11月にもなり
もういろんなことがありすぎて訳が分からん。でもそれはだいぶ前から。そしてそれはこれからも続いていくことでしょう。続けていきたい。でも、僕は思った。成長した。東京に来てから、この数年間で成長した。
ん~、これ以上書くと変なこと書きそうだからやめとく。曲を聴いてくれ、曲を。
あんまクサイことはいいたくないんだが、もうすぐ出るシングル「若者のすべて」は、今の僕が言えることのすべてです。
(2007.11.1.)

ガシガシ
・・・普段なかなか言われない「この曲を聴いて、今日は志村君を褒めちぎろうと思ってここに来ました」と言ってくれるライターの人もいるくらいです。こないだライブに来てた『JAPAN』の山崎サンもよかったって言ってくれてた。楽屋裏で。それを表でガシガシ言ってくれー。(2007.9.25.)
(以上、「東京、音楽、ロックンロール 完全版」⦅ロッキンオン出版、2011/1/1⦆より抜粋)

(「月江寺にて」 カズ君撮影)

かなりの手応えを感じていた様子の志村君。

音楽業界からも「名曲」の呼び声高く、これはフジファブリック史上最高の大ヒットか⁉と思いきや、実は発売当初、予想されていたほど売上を伸ばすことはできませんでした。「オリコンチャート 音楽 シングルランキング」を見ると、過去最高が30位、登場回数3回と、フジファブリックが手がけた他のシングルと比べてみても、群を抜いて素晴らしい成績をおさめたとは言い難いものでした。オリコンニュース フジファブリック 若者のすべて

「売上やランキングがすべてではない」とはわかっていても、ミュージシャンとして会社に所属する限り、やはり色々な形で数字に残すことを求められているのが現実だったでしょう。残さないより残した方が良いに決まっていますから。渾身の力作だった「若者のすべて」が、リリース直後はそれほどの売上を記録しなかったという現実を、志村君は当時、どう受け止めていたのでしょうか。
心が痛みます。
(「とある屋上にて」 カズ君撮影)

しかし、リリースから11年目を迎える今年。

志村君がいなくなった直後から多くのミュージシャンにカバーされてきましたが、今年の夏はLINEモバイルのCMに使用されたり、人気音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」で取り上げられたりと、再び注目されることとなりました。オリコンランキング オリコンミュージックストア 注目のCM曲、ネットやSNSで"話題の曲"まとめ

次回に続きます。

Monday, 10 September 2018

二十四節気についての英語記事

9月8日にアップしました「二十四節気 白露」という英語記事に関して、補足させて頂きます。

俳句のような美しさが織り込まれているフジファブリックの楽曲。フジの大きな魅力の一つです。

外国在住のファンに、フジファブリックの歌詞世界をより深く楽しんで頂けるにはどうしたらいいかとブログ開始当初より考えてきましたが、日本特有の季節感や気候を言葉で伝えるのは、なかなか難しいものです。私自身が日本在住ではないという事情もあり(普段はタイのバンコクで、このブログを書いています)、二十四節気という暦を通して、日本に居なくとも四季の移ろいをお伝えできないだろうかと考えつきました。

日本にいらっしゃるファンの皆様は、日々の生活の中で季節を感じていらっしゃいますため、二十四節気に関する記事など退屈ではないかと思い、8日の時点では、英語表記のみの記事に致しました。しかし、北から南まで長く伸びた日本列島ですので、住んでいる街によってもずいぶんと季節感というのは違うのではないかと思い始めました。

志村正彦さんが生まれ育った山梨県富士吉田市や、11年間住んでいた東京の気候なども合わせて紹介できたら、外国のファンも日本のファンもフジファブリックの歌詞に出てくる季節をより身近に感じられるのかなと思いました。

そのような事情により次回の記事から、英語と日本語の二か国語表記と致します。

今日の一曲は、「打ち上げ花火」です。富士吉田はここ最近で、めっきりと秋めいたときいております。そろそろ、金木犀の季節になりますね。


Saturday, 8 September 2018

二十四節気 白露 Japanese solar term, Hakuro

When referring to the lyrics of Fujifabric's music, it is a good idea to have a glimpse of distinctive four seasons, the delicate weather, and the beauties of nature in Japan to be able to enjoy them at the full extent. For my dear friends living abroad, I am going to write trial posts over the coming year to introduce 24 solar terms  (二十四節気 nijuu-shi sekki) which mark weather cycles and seasonal events in Japan and other East Asian countries.

Nijuu-shi Sekki (二十四節気)
Nijuu-shi Sekki divides a year into 24 parts according to the position of the sun in an ecliptic plane. Although this method originated in China, it is still widely used in the rest of East Asian countries such as Japan. It adjusts the difference between the lunisolar calendars and actual seasonal and weather cycle.

Today, 8th September 2018, the season of Hakuro starts.


Hakuro (白露)8th - 22nd September 2018
・15th solar term
・literally meaning, 'white dew' , marked as Descent of white dew

Around this time of the year, the clear blue sky, fresh air, and morning dew sparkling on the leaves, grass and flowers start decorating the autumn scene. In the beginning of September, the temperature starts dropping both in the morning and evening despite the hot summer-like day.

There are less sunny days around Hakuro (8-22nd September) as it is also a typhoon season.

Thursday, 30 August 2018

ここ最近の「若者のすべて」

「若者のすべて」の勢いがとまりませんね。嬉しいです。

この夏は、LINEモバイルのCMに採用されたおかげで、ふいにTVから流れる「最後の花火に 今年もなったな♫」に何度驚かされたことでしょう。「関ジャム 完全燃SHOW」にも出演し、TVの威力を思い知る夏でもありました。

今までに数多くのミュージシャンが「若者のすべて」をカバーしています。
Mr. Children桜井和寿さんがいるBank Band。
藤井フミヤさん(2007年放送 BSフジイ 14回目2010年9月10日放送 「僕らの音楽」ロッキンオン・ジャパン フジフジ富士Q などで披露)
槇原敬之さん(「Listen To The Music ~うたのお☆も☆て☆な☆し 2014」
柴咲コウさん(「こううたう」
anderlust 「Scrap & Build」

など、そうそうたるメンバーです。

最近では、堕落モーションFOLK2の安部コウセイさんや鬼龍院翔さんが、ライブでカバーしたそうですが、夏の終わりのこの季節になると聴きたくなる曲として、すっかり定番になりました。

Great 3の片寄明人さんが、フジフジ富士Qの直前、2010年7月11日、志村君とフジファブリックについて書いた文章があります。(Facebook 片寄明人 ノート)その中で、片寄さんが初めて「若者のすべて」を聴いた日のことを書いていますので、引用します。

「TEENAGER」が完成した直後、僕に聴いて欲しいといってマスタリングしたばかりのCDを持ってきたこともあった。
2人でソファーに並んで座り、1曲ごとに短い感想をはさみながら、丁寧に全曲を聴かせてもらった。忘れられないのは「若者のすべて」が流れてきた時のこと。思わず鳥肌が立った。「志村くん、やったな。」と思った。
「これは名曲だよ」僕はちょっと眼がしらが熱くなっているのを隠し、志村くんに「ほら見ろよ。鳥肌」と言って、彼に腕を見せた。志村くんは「ありがとうございます」と嬉しそうに微笑んでいた。

「フジファブリック7」Facebook 片寄明人 ノート

また志村君が、おそらく同じ日のことを言っているのではないかという記事を、志村日記に書いていますのでここに引用します。

また片寄さんちに行ってきた。俺、最近酒を控えてるので白ワインを一口だけ飲んだ。
片寄さんには公私ともに様々な相談にのってもらっている。ここにはあまりにも具体的なことは書くべきではないので、書いたりはしないが、僕にも人並みに苦悩もある。そういうことだったり、もちろん音楽的なアドバイスもくれる。片寄さんちにある、グッドミュージックをBGMに。
フジファブリックの今後リリースされるであろう音源も聴いてもらった。その中でも僕が今の所一番気に入っている曲があるのですが、片寄さんもその曲が好きと言ってくれた。彼が僕のことをとても理解してくれる人の一人だ。
(「東京、音楽、ロックンロール 完全版」2007年10月3日付記事 ロッキング・オン 2011年1月28日 初版発行)

1stアルバム「フジファブリック」のプロデューサー、片寄さんにも褒められて、手応えを感じたはずの志村君。数々の雑誌取材を受け、テレビに出演し、プロモーションも手を抜かず、大忙しの毎日でしたが、発売日を迎えた10枚目のシングルに世間はどのような反応だったのでしょうか。

次回に続きます。


Wednesday, 29 August 2018

㊗ブログ開設8周年

今日、2018年8月30日で、このブログも開設8周年を迎えることができました。今日という日が迎えられたことを大変嬉しく思い、今まで応援して下さった皆様に心からの感謝を伝えたいと思います。

思えばブログを始めた2010年8月30日。

フジフジ富士Qが終わり、当時の私は心の中にぽっかりと穴が開いたようでした。

ライブに行くことも、手紙を書くことも、もう叶わない。
どうやって志村君に、素晴らしい音楽のお礼と感謝の気持ちを伝えられるのだろう。
どうやって応援すればいいんだろう。
何かできることはないのかな。

そんなことをずっと考えていました。喪失感に苛まれる中、きっと多くのファンがそう思っていたのだと思います。(そして今も思っているのだと思います。)

今はYou Tube、Instagram、Twitterなど、手軽に発信できる便利なSNSが多数ありますが、その時の私が行きついたのはブログという方法でした。海外進出を夢見ていた志村君だったので、「どうすれば、海外の人達にフジファブリックを知ってもらえるのかな。」と、機械音痴の私が思いあぐねた末の妙案?(と、あの時は思いました・・・)だったのです。

(海外のファン向けに始めたブログだったために、今でも記事が英語と日本語で書かれていますが、そのような事情からです。ご了承下さい。)

この8年間、私の周りでもいろいろなことがあり、思うように記事が書けない時期もありましたが、温かい目で見守って下さりありがとうございます。皆様から送って頂く応援メールやコメントは、とても励みになります。

あの日、挨拶文(ブログの右側に表示されています)に込めた思いは、今も全く変わっていません。今日の記念に、再度ここに書かせて頂きます。

このブログにアクセスして下さった方々へ

今日はこのブログにいらして下さり、ありがとうございます。
フジファブリックファンの方、フジファブリックって誰?と興味をもたれた方、そして世界のJロックファン、ようこそ!
彼らの歌詞は叙情的でありながら余情に溢れ、日本の美しさが織り込まれた曲が多数あります。
それは時に日本の四季の美しさであり、日本人特有の感情や美意識でもあります。
また、フジ節といわれる音楽はまさに「不二」節で、他の誰にも真似できない一種独特な魅力に富んでいます。
こんな素晴らしい音楽を、日本人限定にするのはもったいない!
世界中の皆様に、フジファブリックの魅力を知っていただきたい!!
その思いで始めるブログです。

富士山麓から世界へ響け! フジファブリック!

ボーカル・ギターの志村正彦くんと同郷である私の、ささやかな願いです。
数々の名曲を遺してくれた志村くん、あなたにこのブログを感謝の気持ちを込めて捧げたいと思います。
志村君、ありがとう。

2010年8月吉日
2009年12月24日には見えなかった未来が、今、広がっています。
「若者のすべて」がCMに使われ、多くのミュージシャンがカバーし注目され、今をときめく俳優さんが「茜色の夕日」を好きだと公言している2018年。志村君の作った楽曲は、時間を超え、国境を越え、いまだにファンは増え続けています。

拙いブログではありますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

志村君
素晴らしい音楽を、どうもありがとうございます。
フジファブリックの本当の価値に、世界が気付く日が早くきますように。
志村君の作った楽曲に正しい評価が下る日が早くきますように。

映画「虹色デイズ」おまけ

映画「虹色デイズ」について書いた記事(2018年7月21日付記事 「『虹色デイズ』を観に行ってきました」2018年8月2日付記事「虹色デイズ Vol.2」)のおまけです。

先日、久しぶりに「東京、音楽、ロックンロール 完全版」(ロッキンオン出版 2011/1/1)を読んでいると、ドキッとする文章を見つけました。

2008年2月7日付けの日記に書いてある「志村、好きな景色シリーズ。」。

「建設中の高速道路の市中だけの並んだやつ」
「港にある起重機」
に並んで書いてあるのが、
「ど田舎の、田んぼに囲まれた四差路(ここで自転車に乗った、女子高生を見れたらベスト)

「虹色デイズ」をご覧になったファンの方は、ピンときましたか。

そうです。

オープニングで、フジファブリックの「虹」が大音量で流れる中、主人公の羽柴夏樹くんが必死に自転車をこぐ場面。「田んぼに囲まれた四差路」が舞台でしたね!
映画の中で、好きだと公言していた風景に自分の曲が流れるなんて、きっと大喜びしたのではないかなと勝手に想像してしまいました。

ひとつ残念なのは、「自転車に乗った女子高生」ではなく、「自転車に乗った男子高校生」だったところなのでした・・・。


Tuesday, 21 August 2018

8/26(日)テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」 フジファブリック「若者のすべて」出演

8月26日(日)、テレビ朝日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」のジャムセッションで、フジファブリックが関ジャニ∞と「若者のすべて」を演奏することとなりました。

「関ジャム 完全燃SHOW」ホームページ
フジファブリック オフィシャルサイト

毎年、涼風が立つ頃になるとラジオで頻繁にリクエストされる「若者のすべて」ですが、今年はLINEモバイルのCMに使われたこともあって、思いがけないタイミングでテレビから流れる「最後の花火に 今年もなったな」を耳にした夏でもありました。

そんな2018年の夏の最後を飾るのが、関ジャムのジャムセッションです。

関ジャニ∞のメンバーでは、渋谷すばるさんがフジファブリック「若者のすべて」のファンだと以前から公言していて、自身のラジオ番組「関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ/NACK日記-NACK5」(2018年7月1日終了)で、過去に3回も流しているほどです。関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ NACK日記(番組ブログ)

「音楽を追及するために海外に拠点に生活していきたい」という理由により、2018年7月から活動休止、12月末日をもってジャニーズ事務所を退社する渋谷さん。今回のジャムセッションに不在なのが残念です。

トークJAMでは、寺岡呼人さん(JUN SKY WALKER(S)ベーシスト)といしわたり淳治さんが「夏の終わりソング」を様々な角度から徹底解説し、切ない「夏の終わりソング」独特の魅力を語ります。

寺岡さんと志村君との関係は古く、寺岡さんが主催するライブイベント「Golden Circle」(2001年8月から開催)には、志村君も出演しています(2005年2月28日、SHIBUYA-AXにて 寺岡呼人 Golden Circles 年表)。このライブでは寺岡さんの他、奥田民生さん、和田唱さん(Triceratops)、桜井和寿さん(Mr. Children)という憧れの大先輩らと共演し、緊張の面持ちの中にも嬉しさがにじみでている志村君の様子を思い出すファンの方もいるかと思います。

寺岡さんが「若者のすべて」について、何か解説してくれるのか?
オンエアーで乞うご期待!です。

「笛吹市夏祭り 石和温泉花火大会」が今夜終わり、これで山梨県で開催される夏の花火大会はすべて終了しました。豪華なフィナーレが終わった後の静寂の中で味わう、あのなんともいえない寂しさ。いつのまにか虫の声が草むらから聞こえてくるのに気づき、生命力あふれる夏は終わりを迎え、もうそこまで秋がきているのを感じずにはいられないのです。

「最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな」

志村君に、この番組に出て欲しかったです。