Sunday, 4 December 2016

2016年冬 富士吉田市防災無線 夕方の5時のチャイム変更のお知らせ

だんだんと日が短くなってきたかと思っていたら、もうすぐ年の瀬。あっという間に一年が過ぎ去ろうとしています。今年も富士吉田市の防災無線、夕方5時のチャイムが期間限定で、フジファブリック「茜色の夕日」に変わります。

日時:12月21日(水)~27日(火)の7日間 夕方5時
変更される曲名:フジファブリック「茜色の夕日」


ブログ記事を書くにあたって、いつも路地裏の僕たちのまさと隊長がイベントの詳細などを送って下さり、確認作業をするのですが、今回は数々のことをしてきてくれた隊長だからこそいえる文章が添えられていました。私個人に宛てて送られてきたメールですが、ぜひファンの皆様にも読んで頂きたく思い、ご本人の許可を得てここに掲載することと致しました。

「チャイムを変えるようになって、もう4年が過ぎたんですね。チャイムも期間限定で変更できること、年が経つにつれて当たり前のようになってきたなーと思うのですが、変更当時を思い出すといろんな苦労があって、今となってはよくできたなーと自分でも思いますね。タイミングというか、いろんな偶然が重なり、奇跡だったようにも思えます。

でも人間て不思議なものですね。
チャイムで考えてみると、まったく興味がない人にとってみれば、ただのチャイム、でも思いがある人にとってみれば、掛け替えのない宝物へと変わるし、ふと何だこのチャイムはと疑問を思ってもらえれば、知ることのきっかけともなる。
十人十色の価値観があって、それぞれの受け止め方がある。きっとフジファブリック、志村正彦の音楽も、それぞれの人にそれぞれの受け止め方ができるようにつくったと思われるんですが、そういうことを考えながら曲をつくってたまーくん、すげーなーと改めて思います。

チャイムが多くの人に浸透することを願って始めて、毎年、続けさせてもらえて、感謝するばかりです。でも当たり前になることってすごいことだけど、当たり前になるまでの過程を忘れてはいけないんだなーと改めて思います。
家族や恋人に置き換えてもそうですよね。日々を重ねることで、自分の体というか心の一部となり、日常的なものになる。そうすると、それまでの過程や気持ちを忘れがちになってしまい、大切なものを見失ってしまう。
自分も大切なものを大切にできるように『かてい』を大事にしなきゃですね。
何だか、かしこまってしまいましたが、ふとそんなことを思う今日この頃です。
まー、とにもかくにも音って、音楽って、不思議だなー、パワーをもらえるなー、富士山の麓から響くチャイムを聴いてもらい、何かを感じてくれたら幸いです。」

2011年12月24日に開催された第一回志村正彦企画展から、はや5年が過ぎようとしています。あれから企画展、夕方のチャイム変更、謳う会、上映会、エフエムふじごこのラジオ番組、新宿ロフト40周年記念ライブなど、路地裏の僕たちは数々の催しを行ってきました。まさと隊長が言うように、偶然が重なり奇跡になったと感じたことが何度もありました。(第一回目の企画展の会場になった富士五湖文化センターは、師走のイベントが目白押しで予約いっぱいの中、唯一空いていた日が12月24日だった時にはみんなで奇跡を感じました・・・。)でも、偶然がいくら重なっても、奇跡が起きても、そこにはやっぱり強い思いを持ったまさと隊長率いる路地裏の僕たちがいたからこそ、現実のものになったのだと思います。

「志村正彦という人がいて、ミュージシャンになり、素晴らしい音楽をたくさん作ったということを忘れないでいて欲しい。彼と彼の音楽を、もっと多くの人達に知ってもらいたい。地元富士吉田の人達に、志村正彦と彼の音楽を知ってもらい、それを通してふるさとを誇りに思うきっかけとなって欲しい。」

路地裏の僕たちは、この思いの元に今まで活動してきました。
志村君が愛した富士吉田から発信し続けることに、きっと意味があると信じています。

今日の一曲は、「茜色の夕日」です。
あえてインディーズバージョンです。お聴きください。

Monday, 31 October 2016

TOKYO FM ラブコネクション秋の音楽収穫祭 2日目 「茜色の夕日」一位獲得!

LOFT40周年ライブレポートの途中ではありますが、嬉しいニュースが飛び込みましたので、お知らせ致します。

毎週月曜日から金曜日11AMから1PM、TOKYO FMにて放送中の「LOVE CONNECTION」。TOKYO FM 「LOVE CONNECTION」

10月の第三週から、番組ホームページでリスナーの皆さんからラブソングカウントダウンを募集していましたが、10月18日は「秋空に沁みる最強ラブソングカウントダウン」と題して、数々の秋空にちなんだ名曲が放送されました。そしてリスナーからの投票を元に曲を選び、なんと!フジファブリック「茜色の夕日」が見事一位を獲得いたしました!!「ラブコネクション秋の音楽収穫祭 2日目」

スキマスイッチ、スピッツ、平井堅さんなど、居並ぶベテラン勢を抑えての堂々一位!

とにかく嬉しい!!その一言です。

2位以下の曲名を見てみたとき、何かお気付きになりますか。

2位のスキマスイッチ「奏」は、現在に至るまで実に20名のアーティストによってカバーされています。3位のスピッツ「楓」は7名、山崎まさよし「One More Time One More Chance」は10名、一青窈「ハナミズキ」は20名など、上位にランクインしている曲のほとんどが、多数のアーティストによってカバーされています。オリジナルとは違うアレンジがほどこされ、他のアーティストが歌い、新しい音源として販売され、メディアに露出されることによって、その曲は新たなファンを増やすことが可能ともいえます。(いい曲にあやかって、アーティストが自分の名を上げることも可能ですが・・・。)

「茜色の夕日」は、The Saloversが2013年にカバーし、音源をリリースしましたが、2015年3月25日にはバンドが無期限活動休止を宣言。その後は他のアーティストによってカバーされることもなく、現在に至っています。

フジファブリックファンにとっては、フジファブリックの代表曲ともいえる曲であり、志村君の思い入れが深い特別な曲として知られていて、フジファブリックの二代目ボーカルを務める山内総一郎さんでさえも、いまだライブで歌ったことはありません。2008年5月31日に富士五湖文化センターで凱旋ライブで歌った「茜色の夕日」は、「Sugar!!」の付属DVDと「Live at 富士五湖文化センター」DVDで観る事ができます。

「この曲を歌うために、ぼくはずっと頑張ってきたような気がします。18歳の時に初めて上京して、その時作った曲で『茜色の夕日』という曲をやります。」

この曲で一位を獲得したことは、何よりも嬉しい出来事でした。

今日の一曲は、もちろんこの曲、「茜色の夕日」です。
インディーズ・バージョンと、合わせてお楽しみください。

だんだんと日が短くなってきたのを感じる秋の夕暮れ。
空高く浮かぶ雲が真っ赤に染まる夕日をみたら、今日の私はどんなことを思うかな。


Sunday, 16 October 2016

ラジオ番組「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」インタビュー放送のお知らせ

「SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FESTIVAL DREAM MATCH」(2016年9月25日開催)に、出展させて頂いた路地裏の僕たちですが、当日、出演アーティスト、その他の皆様に突撃インタビューをしてきました!

「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」
毎週日曜日 
エフエムふじごこ 周波数76.8 (インターネットサイマルラジオでも視聴可)
放送時間 14:00~14:30

放送予定
10月16日(日) つじあやの
10月23日(日) ヒグチアイ
10月30日(日) KJこと上條雄次
11月6日(日) メレンゲ
11月13日(日)スキマスイッチ
(敬称略)

ご多忙の中、ご縁を繋いで下さった新宿LOFTの樋口さん、また突然の申し出に快く応じて下さったゲストの皆様、本当にありがとうございました。

「路地裏の僕たち」が、汗だくになりながら全力で臨んだ突撃インタビュー。インタビューされる側より、インタビューしている側がよっぽど緊張しているという、珍しい光景が・・・。

志村正彦さんの同級生という視点から、素人にしかできない話術?で、ゲストの皆様に聴いてきました。ここでしか聴けないものばかりだと思います。

皆様、お楽しみに!

Wednesday, 28 September 2016

SHINJUKU LOFT DREAM MATCH 2016  路地裏の僕たち~お江戸へ行くの巻~ Part 1

路地裏の僕たち、東京出張してきました!

新宿LOFT創立40周年をお祝いするイベント「SHINJUKU LOFT DREAM MATCH 2016」に、錚々たるミュージシャンが居並ぶ中、素人集団である路地裏の僕たちが出展させて頂きました。
まさか現実になるとは・・・。
いまだに夢のようで、信じられません。


9月25日、6:30am、富士吉田市内各所に路地裏の僕たちメンバー集合。

甲府を出発し、笛吹市を抜け、御坂峠の山道を運転しながら外気温を見ると、まさかの12度!富士吉田に着くと、富士山の頂上にうっすらと雪が降っているではありませんか!

後で判明したことですが、この日の富士山の積雪は甲府気象台から認められなかったため、初冠雪とは認定されず、富士吉田市が制定する「富士山初化粧宣言」にとどまりました。麓の富士吉田からははっきり見えたのだから、いいじゃない・・・、と素人の私などは思ってしまいますが・・・。

涼しいを通り越し、ちょっと肌寒い空気が心地よい秋の朝でした。

マシト号とスナオ号に乗り込んで(マシト隊長命名)、展示物と共にいざ出発!(出発前に小さなハプニングもありましたが、それはラジオでメンバーが楽しく語ってくれるかと思います。お楽しみに!)

週末の中央道、下り方面は混雑しますが逆に上りはガラガラで、たちまち石川サービスエリアに到着。みんなで小休止しようと車を降りたら、暑いこと!あまりの気温差に、服装の選択を間違えたと思った路地裏のメンバーでした。

その後も順調に車は進み、狭い路地裏を進むとあっという間に渋谷TSUTAYA O-EAST。
9:30am過ぎ、無事に到着しました。



 現代的なグレーの建物が印象的です。さすが若者の街、渋谷。道行く人たちも、若い人ばかりが目につきます。先に到着していたマシト号のみなさんが、搬入口で展示物を降ろしているところでした。


諸準備で多忙を極める中、新宿LOFTのブッキングマネージャー樋口寛子さんが、早速お出迎えして下さいました。

路地裏の僕たちが主催するイベントに、東京からわざわざ富士吉田に毎回足を運んで下さり、誰にでも分け隔てなく接して下さる樋口さん。そんな彼女を慕うミュージシャンが大勢集うこのイベントで、後々、改めて樋口さんのすごさを知ることとなるのでした。


ステージ入口前の物販コーナーを過ぎ、横にのびる階段を上り、3階の展示スペースへと樋口さんが案内して下さいました。予想していたよりもずっと大きなスペースでした。どのような展示内容で、どのような導線にするか。路地裏の僕たちの腕の見せ所です!

次回に続きます。

今日の一曲は、「笑ってサヨナラ」です。
新宿LOFTでのライブ映像。
メンバー全員、若いですね。
ステージで一生懸命歌う志村君とLOFT名物、白黒市松模様フロアが光ります。


Wednesday, 21 September 2016

LOFTとフジファブリックと路地裏の僕たち Part 2

前回からの続きです。

2003年8月7日(木)、新宿Loftにて行われた「フジファブリック セカンドミニアルバム『アラモード』発売記念ライブ」と続くわけですが、ここでもメレンゲがゲスト出演しています。

Rooftopでのメレンゲの書くフジファブリックへのコメント、フジファブリックが書くメレンゲ バンド紹介も、素の言葉で楽しさ満載です。

フジファブリックのメンバーの誰がこのコメントを書いているかは不明ですが、
「ドラムの山ちゃんさん(この「さん」をつけるところが、志村君っぽいなぁと私は思うのですが・・・)は、男の中の男」
「ベースのツヨシさんは酔っ払うと手が付けられない」
といった後で、
「クボ氏については敢えて何も言いません・・・。メレンゲの音楽は素晴らしいと思うのですがね・・・。」。

今はメレンゲもタケシさんの脱退をへて、クボさんとツヨシさんで頑張っています。
今週の日曜日に開催される「SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FESTIVAL 'DREAM MATCH'」には、メレンゲも出演しますので楽しみです。

Loft発信の情報を見て感じるのは、志村正彦さんという人は只々純粋に音楽が大好きで、音楽をしていたかった人だったんだな、ということです。インディーズ時代は、きっと肉体的にも経済的にもとてもハードな時期だっただろうと察しますが、どの記事を読んでも元気にキラキラ光り輝いている志村君がいます。

「花屋の娘」「追ってけ追ってけ」「笑ってサヨナラ」「ダンス2000」などに代表されるLOFT時代の曲は、今でもライブで定番の曲が多く、フジファブリックの楽曲の色褪せない魅力を、志村君がいない今でも伝え続けています。

亡くなる1ヶ月ほど前の2009年11月12日、新宿Loftにて「SHINJUKU LOFT 10th Anniversary~Premium Live Event 2009 原点回帰~」に他のバンド多数と出演しているフジファブリックですが、その模様は樋口さんのブログをご覧下さい。

スタッフHのブッキング制作・企画ブログ 「無事終了しました」2009年11月13日付

「FAB BOX」に入っている「FAB MOVIES LIVE映像集」では、LOFTで撮影されたライブ映像が多く収録されていますので、ぜひご覧になってみて下さい。

今日の一曲は、「ダンス2000」です。
こちらもファンの間では人気の定番ライブ曲です。


LOFTとフジファブリックと路地裏の僕たち Part 1

2016年9月25日に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催される新宿LOFT40周年を記念するイベント、「SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FESTIVAL 'DREAM MATCH'」。とうとう今週の日曜日に迫ってまいりました。

フジファブリック 志村正彦君と深いご縁のあるLOFTのイベントに、路地裏の僕たちもお声をかけて頂き、出展することが決まりました。ありがとうございます。


フジファブリックを語るとき、LOFTの存在を忘れることはできません。
ご存知の方も多いかと思いますが、インディーズ時代のフジファブリックは、LOFTで大きく成長していきました。

また、LOFTグループが運営するレーベル「SONG-CRUX」から、フジファブリックは第一号のバンドとしてCDを発売しました。(第二号は、メレンゲでした。)SONG-CRUX discography
2002年10月21日には1st mini album「アラカルト」、2003年6月21日には2nd mini album「アラモード」をリリースしています。(ちなみに2004年2月18日に通産三枚目のミニアルバムとしてリリースされた「アラモルト」は、「アラカルト」と「アラモード」に収録されている曲をリメイクして、東芝EMI(当時)から発売されたものです。)

Loft Project発のマガジン「Rooftop」WEB版で、「番外編 Rooftop特別付録:メレンゲ/フジファブリック 新宿ロフト&下北沢シェルター出演履歴」を見ることができます。Rooftop メレンゲ/フジファブリック 新宿ロフト&下北沢シェルター出演履歴 2004年11月15日付
この記事によりますと、フジファブリックは2001年11月17日にLOFTデビューを果たしていて、志村正彦君、若干21歳の時でした。

その後、メジャーデビューするまで新宿LOFTで28回、下北沢シェルターで9回、フジファブリックは彼らの個性あふれる音楽を披露することになるのです。

「Rooftop」WEB版で「フジファブリック」のウェブ内検索をすると、2004年11月15日「メレンゲ×フジファブリック:ヴォーカリスト対談 クボケンジ(メレンゲ)×志村正彦(フジファブリック)」に始まり、懐かしい記事もいくつかでてきます。

志村日記などにもちょこちょこと出てくる新宿Loftに関する記事(他のバンドのライブを見に行った、おいしい食事などなど)を読むと、Loftがフジファブリックにとって、志村君にとって、特別な思いのある場所だったのだと感じます。

今ではファンにはお馴染みとなった「赤富士通信」も、元はと言えばSONG-CRUX時代に、フジファブリックと樋口寛子さんが一緒に立ち上げ、毎月発行していたものでした。

Loftグループフリーペーパー「るーふとっぷ瓦版」2003年8月号、ページの上半分がフジファブリック、下半分がメレンゲと使われております。
フジフジ富士Qで「今日出演バンドの中で、フジファブリックと一番古くからの付き合いがあるのがメレンゲです。」と紹介されていた通り、こんな昔から紙面を同じくして一緒に活躍していたのですね。

2003年7月11日(金)にはタワーレコード新宿店にて、7月13日(日)にはタワーレコード大阪店にて、2ndミニアルバム「アラモード」インストア・ライブが行われました。その様子を志村正彦君と「レーベルスタッフ H」こと樋口寛子さんが書いています。

志村君によるレポートと樋口さんの書くレポートが、絶妙でおもしろい!!
引用させて頂きます。

2003年7月11日(fri)@タワーレコード新宿店
まず一日目のタワレコ新宿店のインストアにはとてもたくさんの人が来てくれて驚きました。リハーサルから見に来てる方もいたりして、とても緊張しました。ただ、内容の方が良くなく悔しかったので、また新宿店でインストアをやってリベンジしたいです。終わった後は、延々と続いていくサイン会に驚きました。買って頂きありがとうございました。(志村)

人の多さに樋口さんも、びっくりしたと書いています。そんなお客さんの姿を見ていたら、徹夜作業で苦労したこともすっかり忘れ、喜ばしい出来事だったと印象深そうに締めくくっています。


そして、7月13日(sun)@タワーレコード大阪店

遂に来ました大阪・梅田店。東京を深夜1時に出発し、道が空いていたので、9時過ぎには到着しました。11時にタワレコ・インストア会場に入れたのですが、少し遅れたほうが大物っぽいかなぁと思い、13時に入りました(笑)。ライブの内容ですが、新宿店での反省も含めて頑張りました。良かったと思います。大阪も本当にたくさんの人が来てくれました。また宜しくお願い致します。(志村)

樋口さんによると、この頃のフジファブリック、睡眠時間もろくにとれない連日過密スケジュール。それでもライブになるとテンションが上がり、いろんな意味で「フジファブリックは強くなった」と言っています。久々にフジの生音が聞けると、リハの時から店内がワサワサしていたのと、早めに着いた一行皆でファーストフードで朝食をとったのが、スタッフとして印象的だったそうです。

次回に続きます。

今日の一曲は、「花屋の娘」です。
すみれさん、いい名前ですね!


Monday, 29 August 2016

明見湖環境フェスティバルに、ヒグチアイさん出演決定

山梨県富士吉田市にある明見湖にて、2016年9月3日(土)に「明見湖環境フェスティバル」が開催されます。

明見湖は富士吉田市東部に位置する湖で、その歴史は古く、縄文時代に富士山の溶岩によって形成されたといわれています。富士山と縁の深い自然豊かなこの湖ですが、ここ20年ほど、外来種の影響によりメダカが見られなくなるなど、環境破壊が問題となっています。

明見湖の魅力と直面する自然環境に目を向けて頂こうと、イベントが企画されるようになりました。詳しくはこちらのホームページをご参照ください。明見湖環境フェスティバル

フェスティバルでは様々なアクティビティやワークショップが予定されていますが、毎年目玉企画のひとつとしてライブが開催されます。今年は、ヒグチアイさんがされることとなりました。明見湖環境フェスティバル ライブイベント

ヒグチアイさんは、2016年11月にメジャーデビューが決定している将来が有望なミュージシャンです。詳しくはこちらをどうぞ。ヒグチアイ 

ヒグチさんは新宿LOFTと関係の深いアーティストの一人で、LOFT40周年を祝うイベント「SHINJUKU LOFT 40th ANNIVERSARY MUSIC FES DREAM MATCH 2016」(2016年9月25日開催)にも、出演なさいます。そのご縁もあり、このたび明見湖環境フェスティバルにはLOFTブッキング担当の樋口寛子さんも、ご一緒下さるそうです。

昨日(2016年8月28日)放送された「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」には、樋口寛子さんにゲスト出演して頂きました。「若い頃の志村正彦君を支えた」と番組中でカズ君が紹介していましたように、フジファブリックを語る上で忘れることのできない樋口さん。

樋口さんと路地裏の僕たちとのご縁を結んでくれた志村君に、感謝です。

今週末、富士吉田にいらっしゃる予定のファンの皆様。
よろしかったら下吉田地区から少し足を伸ばして、LOFT縁のアーティストを聴きに明見湖までいらっしゃいませんか。

今日の一曲は、またまた「若者のすべて」です。
8月26日のSWEET LOVE SHOWER2016で、フジファブリックが最後の曲として歌ったとききました。

山梨の地で聴く「若者のすべて」に、色々な思いを巡らせたファンの方も多かったのではないでしょうか。