Monday, 7 February 2011

世界のFujifabric アート編 パート3

今日も素晴らしい絵をご紹介いただきました。
フジファブリックの音楽を聴きインスピレーションを受けながら、描かれたそうです。
日本のファンの皆さんも、ぜひご覧ください。

Love

今日の一曲は、「Bye Bye」。
愛はなんだい、わからない、と歌詞でいっていた志村君でしたが、結果的には自分の音楽を通して外国人に「愛の絵」を描かせたのですね。立派な人です。


5 comments:

kimamamama said...

こんばんは!
今日はわざわざブログにお越しいただき有難うございました。
少し遅れましたが10,000アクセスおめでとうございます。
海外へ向けての紹介ということでjack russellさんが文化や背景まで画像と共に説明されたりと広く気を配られているのが伝わってきます。
お忙しいとは思いますが、ますますの発展をお祈りしています。
「いまっからはじまり」よい言葉ですね^^

Jack Russell in Bangkok said...

kimamamama さん、心温まるコメント頂き、大感激です。ありがとうございます。
海外進出を考えていた志村君、正式な海外デビューの夢は叶わなかったけど、今までに書いてくれた曲で充分その価値があると思うのです。地道な活動ですが、これからも細く長く続けていきたいと思います。

ぜひ機会があったら富士吉田にもいらして、「いまっからはじまり」、生で聞いてみてくださいね!甲州弁はちょっと荒っぽい響きの方言ですが、志村君、見事に美しい標準語を習得していて羨ましいです(笑)。

Jack Russell in Bangkok said...

kimamamama さん、言い忘れてしまいましたが、このブログで扱って欲しいトピックやいいアイデアなどありましたら、ぜひ気軽にご提案ください。日本のフジファブリックファンの皆さんのお知恵を拝借し、より良いブログにしたいと思っています。
お力お貸しください。
お願いいたします。

kimamamama said...

jack russellさん、
拙いブログをリンクに載せて下さりありがとうございました。

>海外デビューの夢は叶わなかったけど、今までに書いてくれた曲で充分その価値があると思うのです。

同感です。志村君の歌は世界をかけめぐっていてその勢いは強くなっていると感じます。
富士吉田へはまだ行ったことがありません。
年末の帰省で新幹線から見えた富士山はやはり志村君を思い出させました。

>このブログで扱って欲しいトピックやいいアイデアなどありましたら、ぜひ気軽にご提案ください。

私など恥ずかしいほどのひよっこのファンですが、お言葉に甘えて、思うことがあったら提案させていただきます。ありがとうございます。
日本のファンの方々にももっとこちらに登場してもらえたらいいですね^^

Jack Russell in Bangkok said...

kimamamama さん、ご協力いただけるととてもありがたいです。

東京や埼玉、遠くは福島などからも富士山は見えるのですが、やはり富士吉田から見る富士山は格別です。街全体に不思議な聖なる空気が流れています。

志村君の書いた楽曲(特に初期のもの)の底に流れる空気に同じものを感じます。
日本のファンの皆さんとのいい出会いを糧に、これからも自分のできることをしていきたいと思います。

ありがとうございました。