Thursday, 15 December 2011

世界のフジファブリック 番外編





久々の更新です。志村君、怠けていてゴメンなさい。

このブログでは、世界でフジファブリックの音楽がどのように評価されているかを、何度かご紹介して参りました。
今日はその番外編です。
このブログが始まって以来この1年半の間に、アクセスして下さった方々が住む国を、アクセス数の多い順にご紹介致します。






1位 アメリカ  2位以下を引き離してダントツトップは、アメリカです。ニューヨーク在住のファンが、コメントを英語で下さったこともあったぐらい(コメントというのは、なかなかつきにくいものなのです…)、Japanese Rockに対するアメリカ人の熱意が伺えます。在米日本人の人口も高いので、それも一つの理由かもしれません。

2位 オーストラリア  以前も記事にしましたが、フジファブリックの根強いファンがおります。オーストラリアには英語研修目的の日本人留学生も多いですが、英語で書かれた記事へのアクセスが目立ちますので、日本人が読んでくださっているのではないでしょう。

3位 マレーシア  コンスタントなアクセスが特徴です。こちらも英語の記事へのアクセスが集中するので、マレーシアにいる日本人ではないと思われます。

4位 英国  画像検索でくる方が多いです。ロックの本場ということを考えれば、英国は、まだまだ開拓の余地ありです。がんばります!

5位 ロシア  このブログを始める迄知らなかったのですが、東欧からのアクセスは目を見張るものがあります。フジファブリックが、どうしてこんなに東欧で人気なのか知っている方がいたら、ぜひ教えて下さい。フジファブリックが東欧デビューしたという話もきかないのですが(それともしていたのでしょうか)、かなりのファンがいるもよう。
ウクライナ、ルーマニアからは、コンスタントにアクセス有り。
そしてなぜか、「線香花火」に人気が集中!線香花火という日本独特の花火の説明を、初期の段階で記事にしたのも、そんな理由からでした。
ウクライナとルーマニアのファンの方、いつも読んで下さってありがとうございます。とっても励みになっています。いろいろ教えて頂きたいので、ブログ内容向上のためにも、コメント下さるとありがたいです。

6位 カナダ  アメリカと似た背景が伺われます。こちらにも根強いファンがいるもよう。

7位 フランス  ヨーロッパには、アジア大好き人間が結構おります。そのような方の趣向に、フジファブリックの曲や歌詞は絶対に合う!と、常々思ってきました。このフランスからのアクセス数が、それを顕著に表しているのではないかと、私は個人的に思っております。英語の記事へのアクセスが多いので、在仏日本人ではないでしょう。志村君が以前、「フランスでフジファブリックの曲が流れたらいいな。」と言っていました。そんな象徴的な国のように思います。

8位 インドネシア  インドネシアでは近年、日本文化への関心も高いので、そのような背景があるかと思われます。ただ宗教上の観点から、飲酒が歌詞に書かれている曲などには、もしかしたら抵抗があるのかもしれません。

いかがでしたか。予想外でしたか?それとも予想通りでしたでしょうか。
どこかの国の街角で、フジファブリックの音楽がかかっていることを想像しただけで、胸がわくわくします。

これからもどんどん成長してビッグになって、世界へ羽ばたいていって下さい!
富士山の麓から、世界へ響け!フジファブリック‼

クリックすると新しいウィンドウで開きます

志村正彦展まで、残すところあと8日となりました。
富士吉田には初めてという方も、多いと思います。わざわざ遠くからお越しの皆様には、富士吉田で良い思い出を沢山作っていって頂きたいと願っております。
寒さ対策、万全でいらして下さい。富士吉田の街、坂も多いですから車も人も、スリップ注意!
富士吉田の街全体が、志村正彦展の一部であることを感じでいただければ幸いです。


フジフジ富士Qでは、茜色の夕日だけに留まらず、三日月、星、富士山、虫の声に至るまで演出した志村君ですから、なんだか今回もやってくれそうな予感!?です。

今日の一曲は、「同じ月」です。世界中の人が、同じ月を見ているんですよね。
(久々にYou Tubeの映像を貼り付けられます!)


2 comments:

purin said...

はじめまして こんにちは。
7位の国 フランスに住んでいます!

志村くんが言っておられた フランスでフジファブリックが・・・ を呼んでとても嬉しかったです。
あと少しに迫りました 志村正彦展 いろいろなことをどうにかクリアして 伺えることになりました。嬉しさ半面 緊張もありますが とてもとても楽しみにしています。
冬の日本は10数年ぶりでもあります。
富士吉田の街の一日を 志村くんを思いながら満喫したいとおもっています。

Jack Russell in Bangkok said...

purinさん、
初コメントありがとうございます。

フランスからブログを見て下さっていたのですか!
そして志村正彦展に合わせて、わざわざフランスからご帰国下さるなんて…。大感激で、言葉がありません。

本当にありがとうございます。

志村君、フランスでフジファブリックの曲が流れたら嬉しいなと、以前言っていたのですよ。だから、きっとフランスの街角で自分の作った曲がかかっていると知って、今頃大喜びしていると思います。

23、4日のどちらの日に、いらっしゃいますか。もしよろしかったら、私のメールjrtinbkk@gmail.comにご連絡頂けますか。私は両日富士吉田におりますので、もし何かのお役にたてたら幸いです。

私もイギリス留学中には、ニースにある親友(フランス人とイギリス人のハーフ)の家によくお邪魔していました。
このブログ内のフジファブリック英訳歌詞は、彼女との共同作業です。

富士吉田の寒さは、パリと同じぐらいだと思いますが、日本の家の中は寒いです…。風邪など召されません様に、お気を付けて帰国なさって下さい。

私もタイから駆けつけます!
フジファブリック、いよいよグローバルになってきて、嬉しいです。