Sunday, 16 April 2017

忠霊塔 桜まつり

3月30日、甲府地方気象台より桜の開花が発表(2017年3月31日/山梨日日新聞/社会)されてから、半月がすぎました。甲府では6日に桜の満開が発表され、今日16日は25℃を越す夏日となりました。春を通り越して、一気に夏になったような陽気です。

一方、富士吉田ではやっと桜が咲き始めたばかりです。
例年ですと、富士吉田では4月中旬頃に見頃を迎えるのですが、今年は桜の開花が遅くなっています。高低さのある山梨県では、ほぼ一ヶ月もの間、桜が楽しめるというわけです。るるぶ.com 山梨県の桜・お花見スポット
忠霊塔こと新倉山浅間公園では、4月8日から16日まで、桜まつりが開催される予定となっていましたが、桜の開花が遅れた影響から、23日まで延長されることとなりました。詳しくは、こちらのHPをご覧ください。新倉山浅間公園 桜まつり 昨日の時点で、忠霊塔では一分~二分咲き程度との報告を受けています。

富士山、桜、五重塔という日本でも中々お目にかかることのできない風景を一目みようと、国内外から大勢の観光客が訪れるこの季節。「いつもの丘」に静けさが戻るのは、まだ先のようです。

今日の一曲は、「桜並木、二つの傘」です。今日はエフエムふじごこの「ウェルカムサンデー」と「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」で、計二回、この曲が流れました。シングル曲と比べ、公共の電波で放送される機会の少ないB面が20分の間に二度聴けたのは、とても嬉しい出来事でした。

桜並木に二つの傘が 綺麗にコントラスト

情景が、鮮やかに目に浮かびます。
でも、

街に舞い散った花びら 
踏みつぶして歩く

ようになるのは、いつもこんな雨の後なのです。

Monday, 16 January 2017

「お母さんの声は金の鈴」 椋鳩十

今季初の大寒波到来により、寒い日が続いているときいておりますが、みなさまはいかがお過ごしですか。富士吉田の今日(2017年1月16日)の最低気温が、マイナス10度予想!旭川や青森、秋田より寒いなんて、山梨県は本当に寒暖の差が激しい地域だな、と思います。

今日は最近読んだ本の中から、感じたことをひとつ。

先日、椋鳩十著「お母さんの声は金の鈴」(あすなろ書房 1990年)という本を読みました。

椋鳩十さんの名前をきいて、「大造じいさんとガン」のお話をすぐに思い出す方も、フジファブリックファン世代には多いかと思います。大造じいさんとガン
小学5年生の国語教科書に、ずいぶん昔から載っている有名なお話です。甲府市、富士吉田市など山梨県下にある公立小学校では、光村図書出版の教科書が主に使われていますので(山梨県内使用教科書 山梨県内使用教科書 小学校)、おそらく志村君も小学校5年生の時にこのお話を読んだと思われます。

「楽しく、感動ぶかい思い出とともに植え込まれた母の声は、いつまでもいつまでも、金の鈴のごとく、美しい声として、心の中に鳴り続ける」

そのように語る椋鳩十さんが行った晩年の講演、および資料を中心に編集されています。

この本の中で、椋さんが人間の情緒について語っている箇所があります。読んだ瞬間に志村君のことが頭をよぎったので、ここで紹介させて頂きます。昨今では入手困難な本なので、長文にて引用致します。

情緒について
 人間の情緒、このあいだ、たんぽぽが咲いているのを見て、ああ、もうたんぽぽが咲いた、いいなあと思った。
 花が咲くのが何がいいのか、花が咲くのはあたりまえだという人もある。
 夕焼けが美しいなあ、そう感じる人と、夕方になって空が赤くなるのがあたりまえだという人と。
 人生、情緒がなかったらわびしいですよ。
朝のみそ汁にひょいとナスなどが入っている。ハア、秋になったなあ。あるいはナスの、あの紫紺の漬けものをみて、ああ、きれいなナスだと思って食べるのと、なんだ、漬けものはしょっぱいのがあたりまえだと思って食べるのと、朝のお膳に向かったときの気持ちが違いますねえ。三つ葉がちょっと入っているのをみて、ああ、いい三つ葉だというのと、何も感じずズルズル吸ってしまうのと、違いますねえ。
 秋になると、秋の松茸ごはん、春になったら野の山菜。季節季節によっていろんなものがお膳の上にのぼってくる。
 壷中に四季あり。壷の中に四季があるように、座っていても四季の変化がある。台所から四季の変化が出てくる。春になったら春のものが、夏になったら夏のものがひょいとお膳を飾る。
 秋になったら栗めしが出てくる。なんかしらんが、春秋の爽やかさが部屋にすうっと入ってくる。
 そういう家庭生活と、年中、豆腐とねぎのみそ汁ばかり食わされているのと。壷中に四季あり、じゃない。壷中に豆腐ありだ。(笑)
 こういう情緒、人を憐れむ気持ち、これも情緒だ。
 人を愛する気持ち、これも情緒だ。
 自然を見る心、これも情緒だ。
 日常生活の中にフワッと木犀みたいな匂いが立ちのぼってくるという日常生活のあり方、こういうのも情緒ですねえ。
こういうのは、何を見、何を聞き、何を読んだか、こういうものが重なり重なり重なって、ひとつの美しい情緒になるんです。

この本は1991年に発行されましたので、椋さんが講演会で語ったのは少なくとも1991年か、それ以前と考えられます。それにも関わらず、「夕焼け」「木犀(金木犀と銀木犀の総称)」など、フジファブリックの楽曲を思い起こさせる言葉がこの短い文章の中にもいくつか出てきます。

次回に続きます。

今日の一曲は、「黒服の人」です。
「今の厳しい寒さの中、聞いたら情緒があるだろうな。」と暑いタイで想像を巡らせています。(31:45から「黒服の人」が始まります。)


Sunday, 1 January 2017

2017年新春 あけましておめでとうございます

新年

あけまして おめでとうございます

みなさまには、穏やかなお正月をお過ごしのことと思います。

昨年はブログを通して、また路地裏の僕たちの活動を通して、ファンの皆様と交流をもつことができましたこと、とても嬉しく思っております。メールを下さった方、直接声をかけて下さった方、こちらからお声をかけさせて頂いた方、どうもありがとうございました。

志村正彦さんが不在となってからの年月など関係ないかのように、フジファブリックと志村君の活躍が大変目覚しく、メディアでも度々取り上げられた2016年でした。

今年もフジファブリック、志村正彦さんとフジファブリックの音楽が日本中、世界中の大勢の人達に注目され、音楽の素晴らしさが心に響きわたる年となりますように。

そして今年一年がみなさまにとって、明るく楽しく幸せいっぱいの年となりますように、心よりお祈りしております。

拙いブログではありますが、精一杯頑張っていこうと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2017年
元旦

新年最初の曲は、「ムーンライト」です。

「今日はなんか不思議な気分さ
大きなテーマを考えたいのさ」

Thursday, 29 December 2016

エフエムふじごこ「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」 お正月拡大版

(カズ君、写真提供ありがとうございます)

今年も残り少なくなりました。
「もういくつ寝るとお正月~♪」ですね。
皆様の2016年は、どんな年だったでしょうか。

さて、路地裏の僕たちからお知らせです。

エフエムふじごこで放送中の「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」。好評につき、元旦より連日三日間、お正月拡大版として新春特別番組が5時間一挙放送されることになりました!

放送予定
2017年1月1日(日)
14:00~ 「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」一時間拡大版新春特別番組
15:00~19:00 過去に放送された第1回目から8回目の再放送

1月2日(月)
14:00~ 「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」一時間拡大版新春特別番組(1日に放送されたものの再放送)
15:00~19:00 過去に放送された第9回目から16回目の再放送

1月3日(火)
14:00~ 「路地裏の僕たちでずらずら言わせて」一時間拡大版新春特別番組(1日に放送されたものの再放送)
15:00~19:00 過去に放送された第17回目から24回目の再放送

路地裏の僕たちのメンバーが、お正月にあわせて録音した特別企画番組に加え、2016年5月1日に放送された記念すべき第1回目から、10月9日放送の第24回目まで、一挙に放送いたします。詳しくは、エフエムふじごこのホームページをご覧下さい。エフエムふじごこ年末年始の放送について

聴き逃した方も、もう一度聴きたい方も、ぜひこの機会をお見逃し無く!

最初にラジオ番組の企画が決まったとき、ラジオ初体験の路地裏のメンバーがどうやって毎週番組を作っていくのだろうかと、みんなで悩みました。

「なにを話せばいいの・・・?」

手探り状態の中、みんなで日を決めて集まり、一回ずつ回を重ねていきました。人間というのは、初めてのことでも同じことを繰り返すことで、自分のいる状況を把握し慣れていき、更に経験を積むことで自信をつけていくのだと思います。路地裏のメンバーが、証明してくれました。その中でまた新たな課題が生まれ、それをクリアすべく挑戦し、気付けば35回目の放送を終了していました。

志村君が今も元気で活躍していたら、同級生が富士吉田から応援することはあっても、有志が集まり企画展を開催したり、ラジオ番組を作るようなことはなかったと思います。でも志村君が不在だからこそ、路地裏の僕たちメンバーはフジファブリックの音楽と、志村正彦さんという人を、地元富士吉田から伝え続けたいと思ってきました。

ラジオを通して志村ファン、フジファブリックファンの皆さんに楽しんでもらいたい。
地元山梨で、フジファブリックと志村正彦を知らない人に知ってもらいたい。
インターネットラジオを通して、世界の皆さんに知ってもらいたい。

今までもこれからも、その思いがブレることはありません。

松の内からフジファブリック。
フジ(富士)ファブリックで、縁起が良い年になりそうな予感ですよ~!

Friday, 23 December 2016

2016年12月24日にそえて

今年もまた、12月24日という日がやってきました。

天皇誕生日からの連休二日目でもあり、クリスマスイブでもありますが、フジファブリック 志村正彦さんファンにとっては、深い気持ちにさせられる日であります。

私事で恐縮ですが、今年は色々な場所に旅に行く機会が多かった年でした。
9月25日のロフト40周年記念のイベントの際には、路地裏の僕たちも参加させて頂き、路地裏メンバー(全員ではありませんでしたが)初めてのお泊り旅行となりました。

出かける前は、結構緊張してあれやこれや鞄に詰め込み、準備万端整えていくタイプなのですが、目的地に着いてみるといつもつけている鎧兜を脱いで飛び出してきたような、自由な気持ちになっている自分に気がつきます。見知らぬ土地で小さな道ばかりを散策してみたり、きっともう会うこともない人に道をきいてみたり、そこでしか味わえない食べ物を食べてみたり。大小様々な発見と感情が交差しているうちに、だんだん日頃の自分を違う視点からみている自分にも気がつき始めます。

なにを大事に生きてきたのか。
そして、今からなにを大事に生きていきたいのか。

難しいことも考えます。
そしてそんな時、いつも志村君のことを思い出します。

海外進出を夢見ていた志村君。

イギリスやスウェーデンでレコーディング経験があった志村君ですが、仕事とは関係なしに少しだけいつもの場所から離れてみたら、自由に羽ばたく体と心でまた違うものがみえてきて、なにか新しい展望があったのではないだろうかと・・・。大好きな音楽と、それに向き合う自分と、旅に出ていたらその関係の本質をいつもとは違う視点から見ることができたのではないだろうか・・・、と勝手に想像してしまいます。

今年はRADWIMPSが劇中音楽を全て担当した映画「君の名は」が、大ヒットしましたね。彼らの成功を祝福する一方、映画好きだった志村君を思い出し、「志村君が全部の音楽を制作した映画をみてみたかったな。」と勝手に思い巡らせることが幾度となくありました。

2009年12月24日から、もう7年。
あれから7回、桜が咲きました。
とても長かったような、でもあっという間だったような気持ちです。
色々なことがありました。

志村君の作った楽曲は今でも色褪せることなく、現在の音楽シーンの中でいまだ注目され続け、特に今年はメディアで取り上げられる機会も多かったと思います。2020年に開催予定の東京オリンピックを前に、日本のよさを見直す動きが国内外に広まっています。フジファブリックの魅力が日本から世界へ、また世界から日本へ(逆輸入!)再発信され、本当の価値が評価される日が必ずくると思います。

今日の一曲は、「茜色の夕日」です。

21日から、富士吉田では夕方のチャイムが「茜色の夕日」に変更されています。雪を頂にかぶった富士山をバックに、冷たい空気の中できく「茜色の夕日」は心を凜とさせてくれます。


Sunday, 4 December 2016

2016年冬 富士吉田市防災無線 夕方の5時のチャイム変更のお知らせ

だんだんと日が短くなってきたかと思っていたら、もうすぐ年の瀬。あっという間に一年が過ぎ去ろうとしています。今年も富士吉田市の防災無線、夕方5時のチャイムが期間限定で、フジファブリック「茜色の夕日」に変わります。

日時:12月21日(水)~27日(火)の7日間 夕方5時
変更される曲名:フジファブリック「茜色の夕日」


ブログ記事を書くにあたって、いつも路地裏の僕たちのまさと隊長がイベントの詳細などを送って下さり、確認作業をするのですが、今回は数々のことをしてきてくれた隊長だからこそいえる文章が添えられていました。私個人に宛てて送られてきたメールですが、ぜひファンの皆様にも読んで頂きたく思い、ご本人の許可を得てここに掲載することと致しました。

「チャイムを変えるようになって、もう4年が過ぎたんですね。チャイムも期間限定で変更できること、年が経つにつれて当たり前のようになってきたなーと思うのですが、変更当時を思い出すといろんな苦労があって、今となってはよくできたなーと自分でも思いますね。タイミングというか、いろんな偶然が重なり、奇跡だったようにも思えます。

でも人間て不思議なものですね。
チャイムで考えてみると、まったく興味がない人にとってみれば、ただのチャイム、でも思いがある人にとってみれば、掛け替えのない宝物へと変わるし、ふと何だこのチャイムはと疑問を思ってもらえれば、知ることのきっかけともなる。
十人十色の価値観があって、それぞれの受け止め方がある。きっとフジファブリック、志村正彦の音楽も、それぞれの人にそれぞれの受け止め方ができるようにつくったと思われるんですが、そういうことを考えながら曲をつくってたまーくん、すげーなーと改めて思います。

チャイムが多くの人に浸透することを願って始めて、毎年、続けさせてもらえて、感謝するばかりです。でも当たり前になることってすごいことだけど、当たり前になるまでの過程を忘れてはいけないんだなーと改めて思います。
家族や恋人に置き換えてもそうですよね。日々を重ねることで、自分の体というか心の一部となり、日常的なものになる。そうすると、それまでの過程や気持ちを忘れがちになってしまい、大切なものを見失ってしまう。
自分も大切なものを大切にできるように『かてい』を大事にしなきゃですね。
何だか、かしこまってしまいましたが、ふとそんなことを思う今日この頃です。
まー、とにもかくにも音って、音楽って、不思議だなー、パワーをもらえるなー、富士山の麓から響くチャイムを聴いてもらい、何かを感じてくれたら幸いです。」

2011年12月24日に開催された第一回志村正彦企画展から、はや5年が過ぎようとしています。あれから企画展、夕方のチャイム変更、謳う会、上映会、エフエムふじごこのラジオ番組、新宿ロフト40周年記念ライブなど、路地裏の僕たちは数々の催しを行ってきました。まさと隊長が言うように、偶然が重なり奇跡になったと感じたことが何度もありました。(第一回目の企画展の会場になった富士五湖文化センターは、師走のイベントが目白押しで予約いっぱいの中、唯一空いていた日が12月24日だった時にはみんなで奇跡を感じました・・・。)でも、偶然がいくら重なっても、奇跡が起きても、そこにはやっぱり強い思いを持ったまさと隊長率いる路地裏の僕たちがいたからこそ、現実のものになったのだと思います。

「志村正彦という人がいて、ミュージシャンになり、素晴らしい音楽をたくさん作ったということを忘れないでいて欲しい。彼と彼の音楽を、もっと多くの人達に知ってもらいたい。地元富士吉田の人達に、志村正彦と彼の音楽を知ってもらい、それを通してふるさとを誇りに思うきっかけとなって欲しい。」

路地裏の僕たちは、この思いの元に今まで活動してきました。
志村君が愛した富士吉田から発信し続けることに、きっと意味があると信じています。

今日の一曲は、「茜色の夕日」です。
あえてインディーズバージョンです。お聴きください。

Monday, 31 October 2016

TOKYO FM ラブコネクション秋の音楽収穫祭 2日目 「茜色の夕日」一位獲得!

LOFT40周年ライブレポートの途中ではありますが、嬉しいニュースが飛び込みましたので、お知らせ致します。

毎週月曜日から金曜日11AMから1PM、TOKYO FMにて放送中の「LOVE CONNECTION」。TOKYO FM 「LOVE CONNECTION」

10月の第三週から、番組ホームページでリスナーの皆さんからラブソングカウントダウンを募集していましたが、10月18日は「秋空に沁みる最強ラブソングカウントダウン」と題して、数々の秋空にちなんだ名曲が放送されました。そしてリスナーからの投票を元に曲を選び、なんと!フジファブリック「茜色の夕日」が見事一位を獲得いたしました!!「ラブコネクション秋の音楽収穫祭 2日目」

スキマスイッチ、スピッツ、平井堅さんなど、居並ぶベテラン勢を抑えての堂々一位!

とにかく嬉しい!!その一言です。

2位以下の曲名を見てみたとき、何かお気付きになりますか。

2位のスキマスイッチ「奏」は、現在に至るまで実に20名のアーティストによってカバーされています。3位のスピッツ「楓」は7名、山崎まさよし「One More Time One More Chance」は10名、一青窈「ハナミズキ」は20名など、上位にランクインしている曲のほとんどが、多数のアーティストによってカバーされています。オリジナルとは違うアレンジがほどこされ、他のアーティストが歌い、新しい音源として販売され、メディアに露出されることによって、その曲は新たなファンを増やすことが可能ともいえます。(いい曲にあやかって、アーティストが自分の名を上げることも可能ですが・・・。)

「茜色の夕日」は、The Saloversが2013年にカバーし、音源をリリースしましたが、2015年3月25日にはバンドが無期限活動休止を宣言。その後は他のアーティストによってカバーされることもなく、現在に至っています。

フジファブリックファンにとっては、フジファブリックの代表曲ともいえる曲であり、志村君の思い入れが深い特別な曲として知られていて、フジファブリックの二代目ボーカルを務める山内総一郎さんでさえも、いまだライブで歌ったことはありません。2008年5月31日に富士五湖文化センターで凱旋ライブで歌った「茜色の夕日」は、「Sugar!!」の付属DVDと「Live at 富士五湖文化センター」DVDで観る事ができます。

「この曲を歌うために、ぼくはずっと頑張ってきたような気がします。18歳の時に初めて上京して、その時作った曲で『茜色の夕日』という曲をやります。」

この曲で一位を獲得したことは、何よりも嬉しい出来事でした。

今日の一曲は、もちろんこの曲、「茜色の夕日」です。
インディーズ・バージョンと、合わせてお楽しみください。

だんだんと日が短くなってきたのを感じる秋の夕暮れ。
空高く浮かぶ雲が真っ赤に染まる夕日をみたら、今日の私はどんなことを思うかな。